汗で崩れないファンデーション

汗で崩れないファンデーション

汗で崩れないファンデーションにこだわる意味

<汗で崩れないファンデーションの概要>
個人的には、汗て崩れないファンデーションを考えると、真っ先に頭に思い浮かぶのが外国のファンデーションかと思います。
私個人的にも、今まで色々なファンデーションを使用してきましたが、汗で崩れにくいファンデーションと考えると外国製品に行き当たってしまいます。ですが、私も30代を過ぎ、出来る限りお肌にやさしいファンデーションを使いたいなと考えるようになってきました。このとき、外国産のファンデーションなどでは、汗で崩れないとしても、成分的に強すぎて、後々極度の乾燥に陥ってしまった経験があります。汗で崩れないファンデーションと言う事は、それなりに強い成分でしっかりとメイクが崩れないように抑えているということになります。若い内なのであれば、まだ成分的にはそれほど気にしてはいないと思いますが、私のように30代を過ぎてくると、できるだけお肌にやさしいファンデーションを使いたいと考えるのは自然なことなのではないでしょうか。そんな思いから、私がいろいろと探しだしたのは、汗で崩れにくいファンデーションだけれども、お肌にできる限り優しい純国産のファンデーションです。純国産にこだわった理由は、日本人の肌質に合わせたファンデーションが多いからです。それはそうですよね、日本人に向けて売っているわけですから、開発の段階で日本人の肌質を徹底的に考えられて開発されています。外国産のものは、カバー力やメイク崩れに対しては強いのかもしれませんが、あくまで外国人の肌質を基本に作られているため、日本人には色が合わなかったり成分が強すぎたりするのです。そんなわけで汗で崩れないファンデーションを選ぶときに、最大限気にするようになったのは、日本人の中でもさらに肌質の弱い私のような人間にとってやさしいファンデーションです。そこでさらに絞り込んだのがミネラルファンデーションです。祈るファンデーションと言うと、薄づきでそれほどカバー力がないように思いますが、色々と調べていると、外国産由来の製法で、日本人の肌質に合わせたミネラルファンデーションもあることがわかりました。私は汗をかきやすいため、夏の暑い季節にかかわらず、汗で崩れにくいファンデーションを探す事はとても大切なんです。それに加えて、長時間メイクをしっぱなしにしていることも多く、さらには疲れてしまってそのまま眠ってしまうこともあります。そんな時には汗で崩れにくいファンデーションと言うことと同時に、長時間お肌に乗せておいてもダメージがないファンデーションを選ぶことが急務だと思いました。ミネラルファンデーションの中でも、私が重要だと思ったことがあります。それは酸化チタンコーティングと、保湿成分がしっかり含まれているかということです。酸化チタンコーティングと言うのは、紫外線をしていた時に発生してしまう、活性酸素を抑えてくれるコーティングのことです。これは、外国産の見れるファンデーションなどではデフォルトになっていないので、純国産の安心感とも言えます。活性酸素はお肌の老化をとても促進させてしまう悪い成分なので、発生する前に押さえてしまうのも大切ですよね。その他保湿成分を気にする理由としては、汗で崩れにくいファンデーションを探しているからといっても、お肌が乾燥していないわけではないということだからです。さらにミネラルファンデーションでは、パウダータイプのものが多いので、パサパサと乾燥しがちになります。このような時に保湿成分がしっかり含まれているものの場合は、メイクをしている時間帯がスキンケアといった感覚になります。ミネラルファンデーションでは、ダブルクレンジングが必要でないため、比較的厚塗りにしてしまったとしても、石鹸だけでメイクオフが出来るようになります。この時点でも乾燥に対してはかなり対処できているとは思います。ですが、これに対してさらに保湿成分をしっかりと含んでいるファンデーションであれば安心だと思いました。これから暑い季節になりますが、汗で崩れにくいファンデーションを探すのと同時に、こういった肌に優しいといった基準も加えてはどうでしょうか?